キッズモデルのお仕事内容とは?

キッズモデルは、昔から非常に話題となりやすいものです。
最近では芦田愛菜ちゃんなどの子役が爆発的なブームとなりましたし、
その物まねをする芸人さえも登場しているほど。

 

そういった状況にあるため、
キッズモデルと聞くと「派手で華麗な芸能界」というイメージが非常に強いのではないでしょうか。

 

これはけして間違っている認識ではありませんが、
あくまでもキッズモデルの業界の中でもトップにあたる一握りだけのもの。
けしてキッズモデル全体がそういった華々しくテレビに出演するようなものではないことを知っておきましょう。

映画やドラマへの出演

キッズモデル=子役の如何によって視聴率や興行収入が変動するといわれるほどに、映画やドラマに関してはキッズモデルの影響力が大きいものになっています。
一般的な認知度から言うと、やはりこういった映画・ドラマ出演というのはキッズモデルのもっともわかりやすいイメージと言えるでしょう。

 

また、これに関連してテレビ番組への出演も仕事に含まれます。ニュース番組への出演はまずありませんが、バラエティでは人気者になりますよね。

ファッション雑誌のモデル

上記のような映画・ドラマ出演よりも現実的なのが、このファッション雑誌モデルです。
これは幼稚園、小学生問わず様々な年齢のキッズモデルが活躍できる場になっており、オーディションなども雑誌やネット通販ショップなどとのタイアップで数多く行われているのが特徴ですね。
このため、キッズモデルとしてチャレンジしてみたいという場合には、もっとも可能性があるものと言えるでしょう。

育児雑誌のモデル

日本最大の育児雑誌「たまごクラブ」など、育児関連の雑誌で赤ちゃんのモデルを募集している場合があります。これもまたれっきとしたキッズモデルの仕事のひとつ。
成長過程を定期的に撮影していくという企画や、赤ちゃん用ファッション、子育ての方法論に関連したモデルなど、様々な役割が存在しています。
赤ちゃんのころからモデル活動をしていくのであれば、まずこういった育児雑誌のモデルからはじめてみてはどうでしょうか。

おもちゃパッケージ

子供向け遊具のパッケージ写真なども、キッズモデルのお仕事になります。
このほかにも、チラシやCMなどに出演することもありますよね。ファッション誌モデルよりもさらに競争率が高いですが、チャレンジする価値のあるお仕事と言えます。

 

 

いずれにしても、キッズモデルのお仕事は「子供の笑顔」にほかなりません。
いつでも子供たちが笑っていられるような、そんな環境を作ってあげてくださいね。