子供の人見知り原因と対策※人見知りは優等生の証だから心配無い

キッズモデルを目指すにあたり、どうしても気になるのは子供の人見知りです。

 

人見知りがひどいと、そもそもキッズモデルとして活動することはできませんよね。
撮影のたびに泣いてしまったり、お母さん以外の大人を見ると笑わなくなってしまうようでは、やはりモデルとして起用してくれるはずもありません。

 

そんな人見知りですが、どのような原因から発生してしまうものなのでしょうか。
大人になってもかなりの方が「自分は人見知りだ」と感じているようです。
これは有名なお笑いコンビ・オードリーの若林さんも自分を極度の人見知りだと公言していましたよね。

 

では、人見知りの原因について考えてみます

人見知りは優等生の証?

【人見知りは優等生の証?】
そもそも、人見知りはけして恥ずかしいことではないのです。
このことをまずは理解しておかなくてはなりません。

 

というのも、人見知りとは「自分や自分が信頼する者以外を警戒する」という
動物的本能に由来しているのですから、むしろ生物としては優等生的な反応であると言えます。
これをすべて否定してしまうのは、かえってその子の本能を否定することになってしまい、
悪影響を及ぼしてしまう恐れすらありますよ。

苦手意識による人見知り

【苦手意識による人見知り】
人見知りは、本能的なものと上で述べました。
ですが、もちろんそれだけが原因とは限りません。

 

たとえば生来の本能的人見知りが継続してしまうと、だんだん「他人とうまくしゃべれない」という劣等感が生まれ始めます。
大人の場合、この劣等感がさらなる劣等感を生むという負の連鎖が生じてしまうことで、人見知りはどんどん悪化してしまうのです。

人見知りを改善する

人見知りの改善には】
大人であれば、改善は意識しながら自分で行うことができます。
ですが、子供はそうもいきません。どうしても、
子供の人見知りには意識ではなく具体的な方策がひつようとなるのです。
かといって無理をさせてしまうようでは元も子もありませんよね。

 

 

もっとも効果的なのは、お母さんから離れて友達と遊ばせることです。
これによって子供ながらに自立心が生まれ、人見知りが次第に改善されるという可能性があります。

 

 

注意しておきたいのは、一緒に遊んでくれる友達のお母さんに、
あらかじめ「よく泣いちゃう」ということを伝えておいた方がいいですね。

 

何度かこういうことを繰り返しているうちに、
自分から「あの子と遊びたい」と言えるようになれば、人見知りの克服の足掛かりとなっていくことでしょう。

 

いずれにしても、人見知り改善には他人と接する環境を作る必要があります。
キッズモデル以前に赤ちゃんモデルから養成所に通わせている親御さんの話も参考になりました
ぜひ、積極的に親子で挑戦してみてくださいね。

 

 

子供写真を上手に撮る方法 まとめ

写真撮影は愛情も重要ですが、

 

うまく撮るにはやはり一定の技術が必要です。

 

日航の関係で映りが悪くなることもあるので、
場所や時間帯なども考えながら撮影してみるといいかもしれませんね。