キッズモデル募集情報!キッズモデルになる方法とは?

自分の子供をキッズモデルや子役タレントにしたい!
そう考える親御さんは意外と多いんじゃないでしょうか?

 

最近は、子役ブームで芦田愛菜ちゃんや鈴木福君などの
かなり有名なタレントが出てますからね!

 

キッズモデルその名前が示す通り、
まだ幼稚園や小学校に通うような年代の子供たちによるモデルのことです。
ドラマや映画などではなくてはならない配役として、非常によく目にしますよね。

 

そんなキッズモデルになるには、子供たちや親はどのようにしていけばいいのでしょうか。

 

キッズモデルになるために

まずなによりも、キッズモデルというものがなんなのかを親がよく理解しておくことが必要です。

 

なんの覚悟もないままに、ただ我が子をモデルにしたいというだけの浅はかな思いだけで簡単に乗り切っていけるものではないからです。
子供とはいえ、れっきとした芸能界。
キッズモデル如何で映画の興行収入やドラマの視聴率が変わるとさえ言われている現在、キッズモデルになるというのは子供にとって大きな負担となる可能性がありますし、なによりも親の意識が非常に重要となってくるということを理解しておきましょう。

 

【オーディションに参加する】
子供をモデルにしたいと考えたのであれば、まずなんらかのキッズモデルオーディションに参加させてみるといいでしょう。
もちろん、どこか事務所に入っていなければ参加自体できないというものもありますが、一般から応募を受け付けているオーディションもあります。

 

こういった場所ではそれぞれの子供たちの個性が非常に活かされていくため、自分の子供の可能性を探るという意味でも非常によい経験となりますよ。

 

【読者モデルになろう】
実は一番簡単な方法なのが、読者モデルになること。
子供の写真を提供してくれる家庭を募集している雑誌は多く、そういった育児雑誌などに自分の子供をアピールするような写真を投稿してみましょう。

 

確実に採用されるという訳ではありませんが、採用されることができればプロカメラマンから撮影してもらい、素敵な写真が雑誌に掲載されることになりますよ。

 

【モデル事務所に登録】
ドラマやCM、映画など認知度の高い仕事をこなすことができるのが、事務所に所属しているキッズモデルの強みと言えます。
そのためには、まずモデル事務所に登録をしてみましょう。
必ず登録できるというものでもありませんが、事務所に所属することができればプロフェッショナルのスタッフから支援を受けながらモデル活動を行うことができますよ。

 

反面、悪質な事務所もあるため、応募先はしっかりと調べてから決めるようにしましょう。
そういった下準備を怠ると、驚くような金銭請求がきたり、あるいは法に反するような仕事を強要させられることも起こりえます。

 

子供を守るためにも、そういった情報はしっかりと把握しておきたいですよね。
赤ちゃんモデルテアトルアカデミーの説明も確認してみてください